カリスマ調律師 武内喜美郎

 武内喜美郎は、単独渡米し取得したスタインウェイピアノライセンスチューナーの資格と、日本の調律資格の両方を持つカリスマ調律師です。その技術やセンスは、更に磨きがかかり、今もなお、多くのピアニストから愛され、コンサート開催時には指名されています。
調律は、武内喜美郎本人が出向きます。コンサートピアノはもちろん、家庭のアップライトピアノまで調律いたしますので、まずはお気軽にお問合せ下さい。

武内喜美郎の「新不等分平均律(または改良型複合純正音律)」

ピアノ調律

 今回の経営革新事業計画の大きな特徴はピアノ調律である。今まで当社は事業の半分近くをコンサートのピアノ調律で占めていたが、この間に蓄積した当社独自のピアノ調律システムを提供するものである。
一般的にピアノ調律は、ドレミファソラシドの音階をピアノの鍵盤に作り上げるものと思われているが、実はその音階は人類始まって以来何百種類も考えられてきた。現在は現代音楽のほぼ99%が平均律という音階で演奏されている。これは全ての種類の音楽を演奏させようとするために考案された妥協の音階である。特に若い方たち向けのデジタルミュージックは全てが平均律音階で演奏されており、移調転調編曲などがパソコン上で意図も簡単に自由自在にたやすく出来、なんと言っても安価で音楽や楽器の大量生産にうってつけである。だがしかし音楽的な欠点もあり和音が協和していないことである。これは無調性とも呼ばれどの音楽を聴いてもおなじような印象しか受けない。クラシックの名曲と呼ばれるものは昔から純正音律を活用し曲想を完成させた。しかし平均律を用いると全く無味乾燥なものに変わってしまい味気のない平坦な音楽になってしまうのである。
そのうえさらに長期間長時間聞き続けてあるいは演奏し続けているとストレスがたまり精神的にも肉体的にも変調をきたしてくる。具体的にはいらいら、頭痛、耳鳴り、自律神経失調、腰痛、最悪の場合各種の依存症などに陥ることもある。そこで今回の事業計画はこの20年間のスタインウェイピアノを使った演奏会で培った調律技術を改良し、お客様に「正真正銘の音楽本来の音階と、健康になる元気になる癒され幸せな気分になる」ピアノ調律技術を提供する。題して「新不等分平均律(または改良型複合純正音律)」とでもなろうか。
ピアノ調律

ピアノ調律料金

コンサートピアノ調律 26,000円~
グランドピアノ調律 22,000円~
アップライトピアノ調律 18,000円~

PAGE TOP